空間の美を創造する~みはし~

初めての方へ

ログイン

会員登録/修正

新製品

内装用 部材の用途からさがす
外装用 部材の用途からさがす

WEBカタログ

カタログ請求

サンプル請求

CADデータダウンロード

FAX見積依頼書・注文書ダウンロード

みはしショップ

ハンサムスタイル

みはし株式会社GR事業部WEBサイト

みはし株式会社特注課WEBサイト

株式会社みはし工芸WEBサイト

みはしグループショールーム華飾市場WEBサイト

みはしグループショールームのご案内

会社概要 みはし株式会社

採用・求人情報

MIHASI Global Site

 

早技サンメント

商品一覧はこちら


直材同士やコーナーの接続を素早く、美しく仕上げます

早技サンメントは、サンメント直材と同じ面形の「トメ加工材」です。 タイプも、①直材の接続部をカバーする「カバータイプ」、②コーナー部がシャープに仕上がる「突合せタイプ」、③コーナー部を丸く仕上げる「すみ丸君」、④コーナーを飾る「コーナーブロック」、⑤L字型・T字型・十字型接続に便利な「コーナートロン」と、豊富な製品が揃っています。 直材同士の接続や、出隅部・入隅部の現場加工の手間が省け、素早く・美しく仕上げることができます。


早技サンメントの種類

カバータイプ
カバータイプ
突付けタイプ
突付けタイプ
突付けタイプ
(すみ丸君)
突付けタイプ(すみ丸君)
ブロック
ブロック
コーナートロン
コーナートロン

木製

木製
特注対応可

木製
特注対応可

木製

プラスチック製

カバータイプの
情報までスキップ

突付けタイプの
情報までスキップ

すみ丸君の
情報までスキップ

ブロックの
情報までスキップ

コーナートロンの
情報までスキップ


早技サンメント カバータイプ

カバータイプの商品一覧はこちら


目地のない凹凸ラインが美しく仕上ります

サンメント直材の接続部に同面形をかぶせる早技サンメントのカバータイプは、直材同士の接続部を覆い隠し、出隅・入隅・中間部の凹凸で、美しいアクセントラインを表現をし、目地処理と現場加工の手間が省け、素早く仕上げる事が可能になります。


カバータイプの仕組みと特長

  • 出隅材、入隅材、ジョイント材とも、裏面に直材をはめ込む凹部(呑み込み部)があります。
    このため、直材は壁から壁にピッタリ納めなくても、呑み込み部寸法の範囲内で取付けられます。
  • 出隅材、入隅材、ジョイント材でカバーすれば、きれいに納まります。

施工完成イメージ

呑み込み部があるトメ加工材

呑み込み部があるトメ加工材

直材とトメ加工材は突合せが無くてもきれいに収まる

直材とトメ加工材は突合せが無くてもきれいに収まる

表面から隙間が見えない

表面から隙間が見えない


カバータイプの仕様

用途【内装用】 廻り縁用トメ加工材:出隅材・入隅材・ジョイント材
材質AY:アユース材、WCO:ホワイトチェリーオーク材
表面無塗装品
納期受注生産品
ホルムアルデヒド規制ホルムアルデヒド規制対象外部位製品
ホルムアルデヒド告示対象外製品

カバータイプの効果

  • 温度や湿度の変化、材質の特性などによって直材が収縮してもコーナー材がカバーします。
  • 表面には隙間が見えず、いつまでもきれいなまま維持できます。
  • コーナー材・ジョイント材はお部屋のアクセントになります。

カバータイプの施工方法(参考例)

カバータイプ製品の施工方法の手順1

直材を「入隅材に呑み込み寸法以内」に収まるように取り付けた後、「入隅材」を取り付けます。

カバータイプ製品の施工方法の手順2

「入隅材」と「ジョイント材」の間に収まる寸法を計測後、直材をカットして出隅材にはめ込み、取り付けます。

カバータイプ製品の施工方法の手順3

直材をカバーして「ジョイント材」を取り付けます。

カバータイプ製品の施工方法の手順4

「ジョイント材と出隅材の呑み込み寸法以内」に収まる寸法を確認し、ジョイント材にはめ込みながら取り付けます。

カバータイプ製品の施工方法の手順5

直材をカバーして「出隅材」を取り付けます。

カバータイプ製品の施工方法の手順6

以上の繰り返しで、部屋の全方向に取り付ければ完成です。


カバータイプの施工方法(動画)


カバータイプのサンプルについて

  • 製品見本帳はございません。
  • 製品サンプルのご提供は対応しておりません。

カバータイプの商品一覧はこちら


早技サンメント 突付けタイプ

早技サンメント・突付けタイプ事例

突付けタイプの商品一覧はこちら


コーナー部がシャープに素早く仕上ります。

サンメント直材と同じ面形の直材と組み合わせる事で、コーナー部がシャープに仕上がります。 出隅部・入隅部の現場加工の手間が省け、素早く・美しく仕上げる事が可能となり、短期施工がはかれます。


突付けタイプの仕組みと特長

  • コーナー部を直角(90度)に接続したトメ加工材です。
  • 天井廻り縁用、腰見切り用、巾木用が豊富に揃っています。
  • 入隅材、出隅材とも平使い用と縦使い用をご用意しています。

突付けタイプの仕様

用途 サンメントと同じ面形のトメ加工材・出隅材・入隅材
天井モールディング用・腰見切り用・巾木用
サイズ 入隅材・出隅材とも150×150mm
コーナー部は直角(90度)
形状 入隅材・出隅材とも、平使い品と縦使い品
材質 AY:アユース材
WCO:ホワイトチェリーオーク材
表面 無塗装品
納期 受注生産品
ホルムアルデヒド規制 ホルムアルデヒド規制対象外部位製品
ホルムアルデヒド告示対象外製品

突付けタイプの製品形状

突付けタイプ:平使い・縦使い


突付けタイプの施工方法(参考例) 突付けタイプ・すみ丸君 共通

手順1

直材を入隅材が収まる寸法にカットして取り付ける
入隅材を取り付ける

手順2

直材を出隅材が収まる寸法にカットする

手順3

出隅材を取り付ける
直材を採寸する

手順4

直材をカットして取り付ける
以上を繰り返して、部屋の全方向に取り付けて完成


突付けタイプの【特注品】も承ります

  • 既製品に表示のない、ご希望の意匠・形状・サイズを特注品として承ります。
  • 特注品の見積依頼やご注文の前に、ご希望の仕様を下表の「チェックリスト」でご検討ください。

トメ加工材/突付けタイプ【特注品】のチェックリスト

用途 廻り縁・腰見切り・巾木・化粧額縁などのトメ加工品
形状 ・既製品の形状を一部変更
・既製品と異なる形状
※ご注意:形式(出隅材・入隅材、縦使い・平使い)を明示ください。
突付けタイプの標準サイズ

突付けタイプの標準サイズ

※内寸:幅150×奥行150mm は、全品番共通です。

材質 ・既製品と同じ材質(アユース材、ホワイトチェリーオーク材)
・その他の材質
塗装 ・無塗装品 ・塗装品(各種塗装仕上げをいたします)
・塗装の種類、カラーは「日本塗料工業会発行の見本帳・2019年K版の色票番号」でご指定ください。
ご注文の単位 1個より
価格・納期 形状や数量、材質によって異なりますので、都度見積書・納期を提示いたします。 形状により、別途「加工用刃物製作費」をご負担いただく事があります。
見積依頼
ご注文方法
上記の内容を弊社までご連絡ください。
お願い事項 お客様と弊社の相互確認による誤受発注防止と納期短縮のため「形状・各部寸法図」を同送ください。

特注品のお問い合わせ先:
業務部特注課 TEL:048-464-0385  FAX:0120-480-384


突付けタイプの製品サンプルについて

  • 製品見本帳はございません。
  • 製品サンプルのご提供は対応しておりません。

突付けタイプの商品一覧はこちら


早技サンメント すみ丸君

すみ丸君の商品一覧はこちら


柔らかなコーナー部の演出効果

サンメント直材と同じ面形の「1/4円トメ加工材突付けタイプ」です。 コーナー部を丸く仕上げることで、空間が柔らかな雰囲気へ変わります。 出隅・入隅部の現場加工の手間が省け、素早く仕上げる事が可能となります。


すみ丸君の仕様

用途 サンメントと同じ面形のトメ加工材・出隅材・入隅材
天井モールディング用・腰見切り用・巾木用
サイズ 入隅材・出隅材とも面形の90度(1/4円)
形状 入隅材・出隅材とも縦使いタイプのみ
材質 AY:アユース材
表面 無塗装品
納期 受注生産品
ホルムアルデヒド規制 ホルムアルデヒド規制対象外部位製品
ホルムアルデヒド告示対象外製品

すみ丸君の組み合わせ参考例

すみ丸君の組み合わせ参考例


すみ丸君の使用方法

すみ丸君の使用方法


すみ丸君の施工方法(参考例) 突付けタイプ・すみ丸君 共通

手順1

直材を入隅材が収まる寸法にカットして取り付ける
入隅材を取り付ける

手順2

直材を出隅材が収まる寸法にカットする

手順3

出隅材を取り付ける
直材を採寸する

手順4

直材をカットして取り付ける
以上を繰り返して、部屋の全方向に取り付けて完成


すみ丸君の【特注品】も承ります

  • 既製品に表示のない、ご希望の意匠・形状・サイズを特注品として承ります。
  • 特注品の見積依頼やご注文の前に、ご希望の仕様を下表の「チェックリスト」でご検討ください。

トメ加工材/すみ丸君【特注品】チェックリスト

用途 廻り縁・腰見切り・巾木・化粧額縁などのトメ加工品
形状 既製品の形状を一部変更
既製品と異なる形状
※ご注意:形式(出隅材・入隅材)を明示ください。
材質 既製品と同じ材質(アユース材)
その他の材質
塗装 無塗装品・塗装品(各種塗装仕上げをいたします)
塗装の種類・カラーは「日本塗料工業会発行の見本帳・2019年K版の色票番号」 でご指定ください。
ご注文の単位 4個セット単位から承ります。
価格・納期 形状や数量、材質によって異なりますので、都度見積書・納期を提示いたします。 形状により、別途「加工用刃物製作費」をご負担いただく事があります。
見積依頼
ご注文方法
上記の内容を弊社までご連絡ください。
お願い事項 お客様と弊社の相互確認による誤受発注防止と納期短縮のため「形状・各 部寸法図」を同送ください。

特注品のお問い合わせ先:
業務部特注課 TEL:048-464-0385  FAX:0120-480-384


すみ丸君の製品サンプルについて

  • 製品見本帳はございません。
  • 製品サンプルのご提供は対応しておりません。

すみ丸君の商品一覧はこちら


早技サンメント 木製ブロック

早技サンメント・木製ブロック

木製ブロックの商品一覧はこちら


コーナー部の組合せが素早く美しく仕上ります

モールディング直材との組合せで、トメ加工する事なく突き付けで、開口部枠廻り、ドア・窓廻りなど、現場加工の手間が省きながら、素早く・美しく仕上げる事が可能となります。


木製ブロックの仕様

用途 開口枠廻り・ドア廻り・窓廻りの装飾
材質 AY:アユース材
WCO:ホワイトチェリーオーク材
表面 無塗装品
納期 受注生産品
ホルムアルデヒド規制 ホルムアルデヒド規制対象外部位製品
ホルムアルデヒド告示対象外製品

木製ブロックとサンメントロンの組合せ例

ブロック製品とサンメントロンの組合せ例

木製ブロックと薄形モールディングの組合せ例

ブロック製品と薄形モールディングの組合せ例

ブロック製品と薄形モールディングの組合せ例

ブロック製品と薄形モールディングの組合せ例

ブロック製品と薄形モールディングの組合せ例


木製ブロックのサンプルについて

  • 製品見本帳はございません。
  • 製品サンプルのご提供は対応しておりません。

木製ブロックの商品一覧はこちら


早技サンメント コーナートロン

コーナートロンの商品一覧はこちら


サンメント直材のコーナー部を組合せ豪華に演出

早技サンメントのコーナートロンは、サンメント直材の組合せ時にカバーをする「コーナータイプ・十字タイプ・出隅タイプ」と、同一ライン上に組合せをする「中間アクセントタイプ」の4種類が揃っています。 こだわりのある空間演出では、壁面装飾、開口部で各コーナータイプを選び組合わせる事で、豪華な演出と現場での施工短縮が図れます。


コーナートロンの仕様

用途 サンメント直材の接続用カバータイプコーナー材・出隅材
材質 PLA:プラスチック製
表面 無塗装品・塗装済品
納期 受注生産品
ホルムアルデヒド規制 ホルムアルデヒド規制対象外部位製品
ホルムアルデヒド告示対象外製品

コーナートロンのタイプ別特長


コーナータイプ (品番:ACT301・ACT302)

直材のコーナーを飾る壁面装飾材です。 装飾材には溝があり直材を5mm程度カバーします。

コーナートロン:コーナータイプの特長

事前にコーナー材のカバー寸法を確認してから直材を取付けるタイプです。 直材上からコーナー材をはめ込んで取付けられます。


アクセントタイプ (品番:ACT304・ACT305)

直材同士の接続時に、中間アクセント材としておすすめの製品です。(突合せ接続用)

コーナートロン:アクセントタイプの特長

事前にアクセント材の寸法を確認して直材を取付けるタイプです。 アクセント材に直材で突合せで取付けられます。


十字型タイプ (品番:ACT303・ACT306・ACT307)

縦方向に専用接続のサンメントと同面形の貫通できる溝を加工。 左右はサンメントと突合わせ接続となります。

コーナートロン:十字型タイプの特長

直材の面形に合せコーナートロンの縦溝を合せてはめ込むタイプです。コーナートロン横の断面と直材の左右を突合せて取付けられます。


出隅材タイプ (品番:ACT308・ACT309・ACT310)

面形加工した出隅材。 内側に5〜10mmの溝があり、直材をカバーして納められます。

コーナートロン:出隅材タイプの特長

出隅材と直材の取合寸法を確認して直材を取付けるタイプです。 直材の上から出隅材をはめ込んで、取付けられます。


コーナートロンの製品サンプルについて

  • 製品見本帳はございません。
  • 製品サンプルのご提供は対応しておりません。

コーナートロンの商品一覧はこちら


商品一覧はこちら


ページのトップへ

空間の美を創造する〜みはし〜
© 1998 Mihashi Co., Ltd.